Y・Y PLANET ENGLISH SCHOOLの理念

皆様、こんにちは。
大分市で誰もが通える英会話、英語スクール、ワイワイプラネットです。
理念のページまでご覧いただきありがとうございます。

英語を学ぶとき、二つの目標があることをご存知でしょうか。

それは「達成目標」と「学習目標」です。

学校のテストで高得点をとる、高校や大学に合格する、
これは達成目標です。

それに対して、英語を話せるようになり外国の方たちとコミュニケーションを
とることができるようになり、更には仕事にも活かせるようになる、
これは学習目標です。

今までの日本の英語教育は、どちらかと言えば、おそらく上の「達成目標」に
向けての英語学習が主だったのではないかと思います。

英語が苦手だった方はもちろんのこと、
そこそこに学校の英語のテストで高得点をとっていた方も、
大人になって英語を使える方は本当に少ないのではないかなと思うのです。

とはいえこれまでは、日本で暮らして、日本人と日本語で話せていれば、
ほとんどの人が特に困るようなこともなかったのです。

でも、これからのグローバル社会を生き抜く子どもたちにとっては、
英語を学ぶ目的は違ってくることは確かでしょう。

少子高齢化が進み、日本国内でのマーケットはどんどん縮小していきます。
人口減少による様々な問題を解決してくれるのは、もう「出生数を増やす」か
「移民の受け入れに頼る」しかないとも言われています。

2020年に迫っている教育改革でも、もちろん英語教育は重要視されています。
小学校で英語が正式科目となり、受験には英検やTOEFLなどの外部試験の
結果を取り入れる方針の大学もかなり増えてきました。

しかし、それは一歩間違えれば、今中学生が習っている内容をただ小学校で
前倒しにするということになりかねませんし、結局は大学受験に向けて外部試験を
低年齢のうちに他の子よりも早く受けていこうという、これまた本末転倒な
行き過ぎた詰め込み学習が見えるのは私だけでしょうか。
(とはいえ、大学受験で使えるのは”高校3年生の間に受けた結果”ということのようですが)

英語学習の最終目標は大学卒業以降にもずっとつながっていく
あらゆる面で「使える英語」でなくてはなりません。

もちろん、途中段階での短期的・中期的な達成目標をまるっきり無視することは
できません。その都度、子どもたちに合ったレベルでの英検などを受けていくことは、
きっとこども達のモチベーションを上げる意味でも大事ではあるでしょう。

ただ今後は、子どもたちがどんな世の中で生きていくのかをはっきりと理解し、
「優れた翻訳機にもできる英語」ではなく、「価値観や考え方や文化が全く異なる
人間と人間をつないでいく豊かな言語としてのツールとしての英語」を
学ばなければいけないことを保護者がしっかりと自覚して、時間とお金を
費やして英語を学ばせていくという姿勢を子どもたちに示す必要があるかと
思います。

私たちワイワイプラネットは、常にそこを意識して、子どもたちと共に
学んで行くことを誓います。

また、全ての基本は母語である日本語での高い言語運用能力です。
その能力を高めるための日本語の教室もございます。
是非、英語と合わせてご受講ください。